★最安値公式サイトはコチラ!★



知名度、信頼度ともに非常に高く、さまざまな女性雑誌だけではなく医学誌にも掲載されている美白ケアアイテムをご存知ですか?

それが、敏感肌や乾燥肌の方も使える優しい美白オールインワン、セシュレルです!

サプリで身体の内側から、そしてクリームで外側からのダブルの美白ケアということもあって、口コミやレビューの評価もとても良いものばかり。

 

しかし、そういった良い口コミばかりが連なっていたり、評価が良ければよいほど、「本当?」と疑いたくなりますよね。

そこで、今回は「セシュレルの成分は危険?それとも安全?健康被害や副作用の有無は?」というテーマについてお送りいたします。

 

  • セシュレルに危険性のある成分は入っている?
  • 安全性の高さについて詳しく知りたい!
  • 本当に乾燥肌や敏感肌でも使用して大丈夫?

 

以上のような不安の解消につながれば幸いです。

 

セシュレル成分は安全?それとも危険?

セシュレルの全成分
【有効成分】トラネキサム酸・グリチルレチン酸ステアリル
【その他の成分】ローズ水、精製水、BG、シュガースクワラン、オクタン酸セチル、エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ステアリン酸POEソルビタン、グリセリルグルコシド液、ジメチコン、ステアリン酸ポリグリセリル、アルピニアカツマダイ種子エキス、ステアリン酸、パルミチン酸セチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、水添大豆リン脂質、SEステアリン酸グリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、カルボキシビニルポリマー、ステアロイル乳酸Na、天然ビタミンE、スクレロチウムガム、イソステアリン酸フィトステリル、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水酸化K、油溶性甘草エキス(2)、ビサボロール、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、タイムエキス-1、プルーン酵素分解物、ウメ果実エキス、キウイエキス、ユキノシタエキス、アーティチョークエキス、1,2-ペンタンジオール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリルエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

 

植物由来の美肌成分

トラネキサム酸、ユキノシタエキス、プルーン酵素分解物、タイムエキス-1、ビサボロール、アルピニアカツマダイ種子エキス、そして脂溶性の甘草エキスといった植物由来の成分がたっぷり高濃度で配合されているセシュレル。

トラネキサム酸は他の美白ケアにも含まれているのでご存知の方も多いかもしれませんね。

代表的な期待できる効果としては、メラニンの生成を抑制し、炎症を鎮静化します。

他の成分についても、保湿力と美白ケアにつながる成分ばかり。

 

植物由来の天然の7つの美白ケア成分が、明るく透明感のあるすっぴん美肌をかなえてくれます。

美肌には肌の保湿が必要不可欠です。

持続してお肌を一日中保湿し続けてくれる成分として、セシュレルにはシュガースクワラン、セラミド-2、セラミド-3、セラミド-6、キウイエキスが含まれており、うるおいを守ってくれます。

 

セシュレルの中の天然由来の植物成分はなんと全部で32種類!

ここではユキノシタに着目してみましょう。

抗菌作用が非常に高く、古くから中耳炎の炎症を抑制するなど、民間療法としても広く使われてきたユキノシタ。

このユキノシタには美白効果が期待できるだけではなく、紫外線などの外部刺激によって損傷したDNAの修復の手助けをしてくれる効果もあるそうです。

大地の恵みと言っても過言ではないユキノシタには、他にもアンチエイジングにうれしい成分がたっぷり含まれています。

 

徹底した無添加仕様

敏感肌の方は特に気になるであろう添加物。

セシュレルは6つの無添加に徹底してこだわり、香料、タール系着色料、パラベン、鉱物油、紫外線吸収材を一切使用していません。

敏感肌の方だけでなく、どんな肌質の方でも安心・安全に使えるように開発されています。

毎日のスキンケアに欠かせない基礎化粧品ですので、含まれている成分には慎重になりたいところですよね。

 

お肌が敏感な方にとっては、低刺激であることはもちろんですが、やさしいクリームタイプというのもうれしいところです。

しかし、これだけ徹底した無添加を貫いているセシュレルであっても、全ての人の肌に異常が起きないとは言い切れません。

不安な方や、今までお肌に合わなかった化粧品があった方は、使用前にパッチテストをしましょう。

 

セシュレルの副作用・健康被害の報告の有無は?

肌質は人それぞれですし、体調にもよりますので、絶対に安全ということはどんな化粧品においても言えないことです。

しかし、セシュレルの口コミやレビューには、副作用のような症状が出たなどということは書かれていませんでした。

それもそのはず、セシュレルは乾燥肌や敏感肌の方々も安心して使えるよう植物由来成分を中心に配合しており、アレルギーテストなどの各種試験もしっかり行われています。

 

万が一、使用した際にお肌や体調に異常を感じたら、すぐに中止しましょう。

その後、改善が見られないようであれば医師に相談し、セシュレルの使用を控えるようにしてください。

お肌に合わないものを無理やり続けていても、逆効果です。

 

セシュレルは乾燥肌・敏感肌の人が使っても大丈夫?

クリームタイプのスキンケアは、刺激が少なく、敏感肌や乾燥肌の方々でも使いやすいということはもう広く知られていますよね。

肌質は人それぞれなので、安心して使えるかどうか企業側としてはぜひ確認しておきたいところ。

セシュレルでは、総勢4,751名の20~50代女性をモニターとして、座談会を繰り返し開催しており、さまざまな肌質の方が安心して使用できることを証明しています。

 

しかも、他の化粧品がお肌に合わず、すぐに肌が荒れてしまったり、炎症を起こして赤くなったりなど、そういったことにお悩みの肌質のあまり強くない方に向けて開発されているセシュレルは、副作用の心配もほとんどありません。

お肌を健康な状態に戻すためのWケアとしてのクリームとサプリメントなので、化粧品荒れでお悩みの方はぜひ美白ケアだけではなく、お肌を健康にするためのケアとしてお使いいただけますよ。

 

3つのテストをクリアしたセシュレル!

セシュレルは医学誌にも掲載されている化粧品です。

臨床試験では乾燥からくる小じわを目立たなくする効果があることが確認されています。

 

  • 敏感肌対象パッチテスト済み
  • 累積刺激性テスト済み
  • アレルギーテスト済み

 

お肌が弱い方でも安心して使用できるよう、セシュレルでは「繰り返し使用しても安心・安全」ということをチェックしています。

通常のパッチテストでは、たった1回の刺激に対してアレルギーが出ないかどうかを確認するものなので、繰り返し与えられる同じ刺激に対しての反応まではチェックできません。

 

しかし、セシュレルが行っている累積刺激性テストやアレルギーテストでは、40日ほどかけて刺激を何度も繰り返し、安全性を確認するものです。

お肌が弱い方でも使いやすいように、その効果と安全性が確認されているセシュレルは、美容クリニックでも取り扱われているオールインワンケアなのです!

 

セシュレルは医学専門誌「先端医療と健康美容」のVol.4にも掲載!

「先端医療と健康美容」は、京都大学医学部卒でオックスフォード大学医学部で10年の研究をされていた白川太郎先生が編集委員長となって編集された、最新の医学について詳しく記載された医学雑誌となっています。

この白川太郎先生の論文は、日本人医学者の中でもトップクラスの引用数となっており、この「先端医療と健康美容」もかなり信頼のおける医学雑誌と言えるでしょう。

一般社団法人 日本先端医療医学会 ajcam

 

まとめ

美白のWケアができることでも有名なセシュレル。

副作用や健康被害の報告はありませんが、植物由来のエキスがたっぷり含まれているのでアレルギーをお持ちの方は必ずパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

 

セシュレルは医学雑誌にも掲載されており、敏感肌や乾燥肌の方でも使いやすく、その効果はお墨付きです。

美白ケアだけでなく、健康なお肌を取り戻すのにも非常に有効ですし、エイジングケアもできますよ。

ぜひこの機会に、セシュレルで内側と外側から透き通るようなお肌に導くケアをしてみませんか?